エッチング液再生装置-塩化第二鉄液の電解再生装置

プリント基板装置、液晶製造装置メーカー山縣機械 TOP » エッチング液再生装置

エッチング液を10倍長持ちさせる塩化第二鉄液の電解再生装置

弊社は株式会社長井製薬所が製造する塩化第二鉄エッチング液電解再生装置も販売しております。エッチング液再生装置のメリットは、エッチング液の大幅な延命が可能となり、新液使用量および、廃液発生量の削減に寄与します。
また、発生するFeCl2と生成するFeCl3を同量に保つことにより、エッチング槽の液状態はほぼ一定となり、エッチング作業が安定いたします。

導入ケース(A社の場合)

条件

昼間エッチングマシン4台と連動し、夜間は別ラインの液をバッチ再生する。

連動用エッチングマシン台数 4台
連動用エッチングマシン容量 2,500L/台
連動用エッチングマシン液交換頻度 1回/4日
3日間を鉄系エッチング,その後1日間を銅エッチング
バッチ用エッチングマシン台数 3台
バッチ用エッチングマシン容量 5,700L/3台
バッチ用エッチングマシン液交換頻度 1回/5日
連動用鉄系部材溶解量 2.08㎏/h・エッチングマシン1台
バッチ用部材溶解量 5.24㎏/h・エッチングマシン3台
比重 1.47
稼働時間 10h/日
稼働日数 22日/月
バッチ用再生時間 10h/日
再生機導入後、連動用は再生機と連動するのは鉄系エッチングラインのみとし、エッチングマシン4台中3台は鉄系エッチングとし、1台は銅エッチング専用とする。
また、銅エッチングの際は再生液(余剰分を含む)を利用し、鉄系エッチングの方から回す。鉄系でエッチング液不足分は新液補充。銅エッチングの液交換頻度は1回/3日。
また、バッチ用エッチングラインの液寿命を5倍とする。
新液購入単価 20円/㎏
廃液処理価格 15円/㎏
塩酸代 18円/㎏
電力代 15円/kwh
再生機導入前廃液量 新液の1.2倍
比重一定時はFe(%)+Ni(%)+Cr(%)を一定とする。
再生機導入後Fe2+(%)は0.7%で一定とする。

結果(メリット額)

(千円/月)

ランニングコスト メンテナンス 償却額 合計 メリット額
導入前 5,497.4 5,497.4
導入後 1,559.4 359.0 798.8 2,717.2 2,780.2

電解再生装置の理論

塩化第二鉄を使用する湿式エッチングにおいて、作業を行う事によりエッチングに必要な塩化第二鉄が消費され、不要な塩化第一鉄及びその他の金属塩化物が増加します。
そこで塩化第一鉄を電気的に酸化し、一定濃度に保つことに成功。大幅なエッチング液の延命を可能にしております。

エッチング(主反応)

2FeCl3+Fe→3FeCl2
2FeCl3+Cu→2FeCl2+CuCl2

再生

(陽極) FeCl2+Cl-→FeCl3+e-
(陰極) HCl+e-→1/2H2+Cl-

製造会社は株式会社長井製薬所で特許取得済みです。
特許番号:2689076

システムフロー

再生機設計用基礎データ記入表(PDF)はこちら

▲ページトップへ

山縣機械がこれまでに対応してきた事例

弊社はこれまで多くのお客様のご要望やお悩みにご対応してきました。お客様のご要望は様々ですが、ウェット装置に特化した技術者がオーダーメイドで装置を設計し、お客様のご要望を実現しております。これまでに弊社がご対応してきた事例はこちらからご覧下さい。

ラボ機のオーダー設計から量産機械製造、アフターフォローまで万全です
ラボ機のオーダー設計から量産機械製造、アフターフォローまで万全です

弊社は研究開発用ラボ機を専門に製造しているため、研究内容などに合わせたご希望の設計をすることが可能です。
また、装置はメンテナンスしやすい設計で製造しておりますが、アフターフォローについても万全の体制をとっております。
研究用や検証用の小型装置をお探しの際は一度ご相談下さい。

エッチング装置の設計・製造は
R&D用ウェット処理装置メーカー山縣機械にご相談下さい

TEL:06-6978-3051

電話受付時間:9:00〜17:30

電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせ・カタログ請求はこちら